トヨタハッピータウンサーキット ニッポン放送
トヨタハッピータウンサーキット
 2009年02月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
仲田 真紀子(なかた まきこ)
月曜日〜金曜日担当
愛媛県出身。趣味は音楽鑑賞(ライブ、コンサートを見に行く) スポーツ、料理。NHK松山放送局を経て現在フリー。
西村 美月(にしむら みづき)
月曜日〜金曜日担当
茨城県出身。NHK水戸放送局、NHK新潟放送局を経て現在フリー。
趣味は歌うこと、ピアノ、絵、散歩、ダーツ。
徳武 樹里(とくたけ じゅり)
土曜日担当
長野県出身。中学・高校の美術の教諭免許を持つ。趣味はジャズダンス、デッサン、スキーフィギュアスケート観戦など。
小山 真理(こやま まり)
日曜日担当
神奈川県出身。テレビ愛知アナウンサーを経て現在フリー。趣味はスポーツ観戦、ゴルフ。ジュニアベジタブル&フルーツの資格を持つ。

Date : 2009-02-06 20:08:01 西村美月
Subject : アン・ジャンヴィエ
横浜市営地下鉄「仲町台」駅前は、石畳の小路に西洋風の街並みが広がるお洒落な場所です。つきあたりには大きな公園もあり、なんだか日本じゃないみたいなんですよ!

この街並みの一角にあるフレンチレストラン【アン・ジャンヴィエ】さんに、今日はお伺いしました。街並みや緑を臨むテラス席が素敵なお店。中に入ると、レンガと漆喰の壁に、木や赤を基調とした南欧風インテリアで、さらに異国情緒が広がります。

【アン・ジャンヴィエ】さんは、オーナーの野口好夫さんと、息子さんの秀樹さんの、二人のシェフがやっているお店です。26席という空間にお二人の目が行き届いた、アットホームな雰囲気。ガラス窓越しに、厨房も垣間見ることが出来ます。

なんと好夫さんは、「TVチャンピオン」というテレビ番組の「フランス料理シェフ選手権」でチャンピオンになられた程の腕前!数度のフランス修行ののち、長年横浜のレストランでシェフを務められた実績を経て、4年前にご自身のお店を開きました。【アン・ジャンヴィエ】という名前は、「1月に」という意味。2005年1月にオープンしたことと、好夫さんの生まれ月が1月であることから名付けられたそうです。

私はランチで、秀樹さんオススメの「真鯛のポテト包み焼き・ブールブランソース」を、セットで頂きました。かなり高度な美味しさ。文句のつけようがありません。一番感じたのは、しっかりしたお味だということ。かといって、気取った感じではなく、素直に美味しいと思う、さすがチャンピオンの味です。

お値段は、私が頂いたもので¥1400。スープ(今日は、ラタトゥーユが入ったポテトポタージュでした)、パンorライス、コーヒーor紅茶がついてこのお値段です!ランチコースは、¥1250〜¥1700、ディナーも内容の割にリーズナブルな印象です。ご家族連れも多い土地柄だからこそ、気軽に、本格的なフレンチが楽しめる【アン・ジャンヴィエ】さんは、毎日賑わっているんですよ!お客さんは、ご夫婦や、奥様グループなど。肩の力が抜けたカジュアルさの中に気品を感じるのは、やはり港北ニュータウンの特徴なのかも知れませんね。

さらに、お食事した人だけが注文できる、デザートの盛り合わせ(¥400)が、また絶品!紅茶とチョコのムース、クリームブリュレ、ガトーショコラ、フィナンシエ、シャーベットの可愛い5種類がひとつのお皿に盛り付けられた、自慢のデザートで、ランチの余韻を楽しみました。

お話を主に伺ったのは、秀樹さんです。オススメの料理をお願いした時、どれが良いのか、私の好みなどを考慮して一生懸命悩んで下さった他、給仕もほとんど秀樹さん。厨房から直接料理を運んで来て、丁寧に説明して下さいます。秀樹さんご自身も、神奈川県内のレストランやフランスで修行し、今やお父様のパートナーとして厨房に立つ立派なシェフ。いずれは跡を継ぎたいとおっしゃっていましたよ。【アン・ジャンヴィエ】さんの確かな味が、街の穏やかな空気と共に引き継がれて行くのが楽しみですね。

【アン・ジャンヴィエ】045‐942‐3027

担当♪西村美月♪

Date : 2009-02-06 12:46:02 仲田真紀子
Subject : 横浜市歴史博物館
青空が広がって綺麗に晴れています!
富士山も見えていますよ〜!!

さて、ここ20年30年の間でどんどん街が形成されている港北ニュータウンですが、開発前はどうだったのか、というのを調べる為に都筑区にある横浜市歴史博物館を訪ねました!

1995年に開館、
こちらでは横浜の2万年にわたる歴史が、模型や資料、映像で分かりやすく紹介されています。

特に港北ニュータウンに注目してみると、昭和40年代初めの開発される前まではわずか2000戸の農家が生活する農村地帯でした!
田畑が広がる丘陵地だったんです!

それが、現在は人口19万5千人!
マンションや一戸建て住宅が立ち並ぶ街へと変わっています!

また遺跡や貝塚も多く発掘され、博物館横には「大塚・歳勝土遺跡」が出現。 館内では土器や道具なども展示されています。

他にも「体験コーナー」では、復元された土器や青銅器などが実際に触れられるようになっていますよ!
今日は地元の小学3年生が社会科見学として訪れていました!

親子でいらしても楽しめますので港北ニュータウンに来た際には是非お立ち寄り下さい!

担当 仲田真紀子★★★

Date : 2009-02-06 07:44:01 仲田真紀子
Subject : 積み木とヨーロッパの玩具 そらいろ
港北ニュータウンは、たくさんのマンションや一戸建て住宅が立ち並んでいて、主にファミリーが住んでいる街です。

その街で、お父さんお母さん方の間で話題となっている場所があります。

センター南駅から10分、荏田東交差点そばにあります。
1階は「積み木とヨーロッパの玩具 そらいろ」というおもちゃ屋さん。

話題の場所は2階です。
2階はアトリエになっているんです。
ここは積み木や絵、料理を通じて子供たちの想像力を養うスクールが行われているんですよ〜!

私が取材に行った日は、1歳半から3歳までの小さなお子さんのクラスだったんですが、三角・丸などテーマをもとに画用紙に絵を書く授業が行われていました。
画用紙からはみ出るほどダイナミックに書いている子や、無我夢中にひたすら同じ箇所を塗りつぶしている子など様々・・・。

まだ小さいので絵というよりは落書きにちかいのですが、まず最初は自主的に書くことが大事なんだそうです。

小学生くらいになると、大人もびっくりするような作品を作る子もいるそうですよ!!

学習塾やピアノなどの習い事も大事ですが、これからは想像力を養う教室も必要なんですよ、とオーナーがおっしゃっていました。

親子クラス、幼児クラス、幼少クラス、小学生クラスに別れています。

興味のある方はお問い合わせ下さい!

わくわく想像アトリエ
045 943 8614
オーナー 能見貴人さん。

担当 仲田真紀子★★★

ニッポン放送トップページ昼の番組ページ夜の番組ページ Copyright (C) 2008 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.