トヨタハッピータウンサーキット ニッポン放送
トヨタハッピータウンサーキット
 2007年1月 
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
仲田 真紀子(なかた まきこ)
月曜日〜金曜日担当
愛媛県出身。趣味は音楽鑑賞(ライブ、コンサートを見に行く) スポーツ、料理。NHK松山放送局を経て現在フリー。
西村 美月(にしむら みづき)
月曜日〜金曜日担当
茨城県出身。NHK水戸放送局、NHK新潟放送局を経て現在フリー。
趣味は歌うこと、ピアノ、絵、散歩、ダーツ。
徳武 樹里(とくたけ じゅり)
土曜日担当
長野県出身。中学・高校の美術の教諭免許を持つ。趣味はジャズダンス、デッサン、スキーフィギュアスケート観戦など。
小山 真理(こやま まり)
日曜日担当
神奈川県出身。テレビ愛知アナウンサーを経て現在フリー。趣味はスポーツ観戦、ゴルフ。ジュニアベジタブル&フルーツの資格を持つ。

Date : 2007-01-19 23:32:02 徳武樹里
Subject : べっ甲資料館
1月19日(金)夕方
両国は職人さんの多い街でもありますが、今回は創業60年余り、蔵前橋のたもとにある磯貝べっ甲専門店さんの「べっ甲資料館」をご紹介しました。
昔、両国には30軒ほどのべっ甲細工の工房があったそうですが、貴重な作業を見られるのは今ではこちらだけ。
べっ甲は海亀の甲羅を加工して作るので、材料はもう取れないかと思っていましたが、実は数年前に石垣島で養殖に成功したそうなんです。
この甲羅を加工する技がまさに職人!凄いんです。
良いべっ甲細工のポイントは“厚み”で、柄のちがう甲羅を何枚か重ねて加工していきます。
二代目の磯貝一さんが作ったかんざしを見せていただきましたが、継ぎ目などは一切見えません。
しっかりとした厚みと、やさしいあめ色、なめらかな触りごこちには、ため息がでてしまいました。
今、こちらでは三代目となる息子さんが修行中。
若い感性を活かした「べっ甲サングラス」も飾られていて、日本の伝統が代々受け継がれていく姿を見ることができますよ。
担当・徳武樹里

Date : 2007-01-19 13:58:07
Subject : 相撲写真館
1月19日(金)10時50分
墨田区の小さな博物館、クドウ写真館の相撲写真資料館。
こちらは昭和4年、旧国技館(現在の回向院のあたり)の脇に開業し、以来60年以上に渡って相撲協会の専属写真館として、公式行事などの撮影を担当されてきました。
4坪ほどの小さな展示室には、相撲の歴史をテーマに貴重なモノクロ写真がずらっと並んでいますが、これが見応えあるんです!
歴代の横綱の凛々しい姿はもちろんのこと、土俵の外で見せる無邪気な笑顔や、家族で撮った七五三の写真など、なかなか見られないものばかりなんです。
また歴史をたどるコーナーでは、昭和の初め、まるで大リーグスタジアムのように3階席まで満員になった国技館で相撲が取られる様子や、国技館が戦争で炎上する写真もあり、その迫力に圧倒されました。
まるで、モノクロの写真から歓声や悲鳴が聞こえてきそうなほど生き生きとしているんです。
両国で場所が開催されている間は毎日開いていますので、相撲の歴史を迫力ある写真でお楽しみください!
担当・徳武樹里

Date : 2007-01-19 13:52:01
Subject : 横網町公園
1月19日(金)早朝
両国という土地柄、「横網」を「よこづな」と勘違いされがちな、横網町公園。
斜向かいには旧安田庭園、その先には国技館に江戸東京博物館があり、散策がてら訪れる方も多い場所です。
今朝は北風が冷たい中、地元の皆さんが運動をされたり散歩をしたりと、ゆったりと過ごされていましたよ。
こちらの園内には立派なお寺のような建物がありますが、関東大震災で亡くなった方58000人の遺骨を納めるため、昭和5年に建てられた納骨堂なんです。
またその後、東京大空襲で亡くなった方も含め、現在16万人以上の方の遺骨が、安置されているんですよ。
さらに、関東大震災の火災で焼け、溶けてしまった自動車などのオブジェも飾ってあって、当時の震災のすさまじさがひしひしと伝わってきます。
一昨日は阪神淡路大震災から12年目、今日こちらに訪れて、改めて気持ちの引き締まる思いがしました。
担当・徳武樹里

ニッポン放送トップページ昼の番組ページ夜の番組ページ Copyright (C) 2008 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.